柏・船橋・錦糸町で信頼と安心の美容皮膚科

ダウンタイムとは?起こる症状とダウンタイム中の過ごし方

コラムフォトフェイシャル(IPL)+イオン導入でしみ・そばかす治療ケミカルピーリング・ニキビ治療ダーマペン4コラーゲンピール(PRX-T33)
2021/06/30






「美肌治療を受けてみたいけれど、ダウンタイムが気になる」「施術後の痛みや腫れが心配」といった不安から、なかなか美肌治療に踏み出せないという方も多いのではないでしょうか。
ここでは、ダウンタイムとはどのようなものか、またダウンタイムに起こる主な症状や期間について施術別に解説します。併せて、ダウンタイム中の過ごし方の注意点についても見ていきましょう。





ダウンタイムとは施術を受けてから通常の生活に戻るまでの期間


ダウンタイムとは、施術を受けてから、通常の生活に戻るまでの期間のことをいいます。ダウンタイムの症状や期間の長さは、施術内容や患者の状態などによって異なり、個人差があります。

代表的なダウンタイムの症状として挙げられるのは、施術部位の赤みや内出血、腫れなどです。また、施術箇所が顔の場合、ダウンタイム中はメイクができないことも珍しくありません。
症状が重い場合は、仕事やそのほかの予定に支障が出てしまう可能性もあるため、必ず施術前にダウンタイムの程度や期間について確認し、納得した上で施術を受けることが大切です。治療を受ける際には、ダウンタイムを考慮したスケジュールを組む必要があるでしょう。

 
 

主なダウンタイムの症状


主なダウンタイムの症状は、痛みや赤み、腫れ、むくみ、内出血などです。また、治療内容によっては、メイクや洗顔、洗髪、シャワー、入浴、運転、運動、飲酒などが、一定期間制限されることもあります。
ダウンタイムの期間は施術の内容によって異なり、早ければ半日程度で通常の生活に戻れるケースもあれば、長いと数週間から数ヵ月にわたってダウンタイムが続くケースもあります。症状の程度や期間の長さには個人差があり、体質や体調などによっても変わってきます。

なお、患部を切開したり、強い熱や光を与えたりする治療の場合はダウンタイムが長くなり、症状も重くなるケースが多いです。反対に、施術箇所への負担が少ない治療であればダウンタイムも短く、痛みや腫れも少ない可能性が高いでしょう。

ダウンタイムの負担を軽減するには、適切なアフターケアを受けることも大切です。アフターケアを行わなかったために症状が悪化してしまうケースもあるため、施術前にはしっかりと説明を受け、施術後のケアも万全なクリニックでの治療をおすすめします。

 
 

ダウンタイムを長引かせてしまう行動は?


施術後の行動によっては、ダウンタイムを本来の期間よりも長引かせたり、症状を悪化させてしまったりすることもあります。続いては、ダウンタイムを長引かせる原因となる行動にはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

 
 

血行が良くなる行動


飲酒や入浴、運動などには、血行を促進する効果があります。血行が良くなることで施術箇所にも多く血が巡るようになり、腫れや炎症が長引く原因となってしまいます。
また、こうした行動によって体温が上昇し発汗すると、傷口に汗が入ってしまう可能性も。衛生的にも良くないため、多くの汗をかくような行動は避けるといいでしょう。
ダウンタイム中の入浴は、入浴時間を短くするかシャワーで済ませるようにします。運動は散歩や軽めのジョギング程度にとどめるよう注意してください。

 

施術箇所へ強い刺激を与える行為


強くこする、かくといった行為も、施術箇所に大きな負担となってしまうため避けましょう。顔の治療後に洗顔やクレンジングをする際には、強く刺激しないよう注意し、優しくふれるようにします。
また、ダウンタイム中の肌はデリケートな状態のため、使用する洗顔料やクレンジング、スキンケア商品などは、肌に優しい成分の物を使用することをおすすめします。

 

喫煙


喫煙は、腫れや傷跡の回復を遅らせてしまう要因のひとつです。ダウンタイム中の喫煙は、なるべく控えることが望ましいでしょう。

 
 

美肌治療のダウンタイムの目安と過ごし方


ダウンタイムの症状や期間は、施術の内容によってそれぞれ異なります。続いては、代表的な5つの美肌治療について、ダウンタイムの目安や過ごし方をご紹介しましょう。

 

レーザー治療のダウンタイム:4日~1週間以上


レーザー治療は施術箇所への負担が大きいとされるため、ほかの治療と比べてダウンタイムも長引きやすい傾向があります。ダウンタイム中は紫外線やメイクを避けて、肌への刺激をできる限り抑える必要があるでしょう。場合によっては、仕事などの予定が制限される可能性もあります。

 

フォトフェイシャルのダウンタイム:ほぼなし


光エネルギーの力で、シミやそばかすの症状を改善するフォトフェイシャル。痛みやダウンタイムはほとんどなく、施術が終わってすぐにメイクをすることも可能です。
ただし、フォトフェイシャルの施術後の肌は乾燥しやすく非常にデリケートな状態のため、保湿ケアは入念に行いましょう。

 

ケミカルピーリングのダウンタイム:ほぼなし


ケミカルピーリングは、安全性の高い薬剤を肌に塗布して、古い角質や毛穴の汚れを除去し、肌のターンオーバーを促進する美肌治療です。ニキビ治療としても注目を集めています。
ダウンタイムはほとんどありませんが、肌に赤みが出たり、カサカサした感じの症状が生じたりすることがあります。洗顔やメイクは、当日より可能です。

 

ダーマペンのダウンタイム:ほぼなし


ダーマペンは、超極細針で肌に小さな穴を開け、肌が回復する力(自然治癒力)を高めるという治療法です。肌が回復する過程でコラーゲンの生成が促され、ニキビ跡や小じわ、毛穴の開きといった肌トラブルの改善やエイジングケア効果が期待できます。
ダーマペンを受けてから2~3日間は、ヒリヒリしたり、かゆみが出たりするケースもあります。また、施術直後には赤みが出ることも。洗顔・メイクは、施術後から12時間はできません。

 

ダーマペンについてはこちら。
ダーマペンとは?シワやくすみを改善する美肌治療の効果や注意点
ダーマペンの効果や注意点は?おすすめクリニック・プランを紹介

 

コラーゲンピールのダウンタイム:ほぼなし


専用のピーリング薬剤を肌にマッサージしながら浸透させ、コラーゲン増生によって肌にハリや弾力をもたらす治療法です。メラニン生成を抑制する作用によって、シミやくすみの改善も期待できます。
マッサージを受ける感覚で気軽に受けられる治療で、施術時間はわずか10分程度です。赤みや皮むけなどのダウンタイムが起こることもほとんどなく、メイクも施術当日に可能となります。施術から数日後に、薄い皮がむけるケースがありますが、痛みなどの心配は少ないでしょう。

 
 

ダウンタイムの症状や期間を事前に確認し、納得した上で治療を受けましょう


ダウンタイムの症状や長さは施術の内容によって異なり、個人差もあります。ダウンタイム中の状態によっては、「外出ができない」「仕事や家事に集中できない」といったことになってしまう可能性もあるため、ダウンタイムについては必ず事前に医師へ確認し、タイミングを考慮して計画を立てていきましょう。

柏・船橋・錦糸町のイデア美容皮膚科クリニックでは、ダウンタイムのほとんどないフォトフェイシャルやケミカルピーリング、ダーマペンといった美肌治療を複数ご用意しています。患者様一人ひとりのご希望に合わせたプランをご提案いたしますので、まずはお気軽に無料カウンセリングからご相談ください。

 

イデア美容皮膚科クリニックの無料カウンセリングはこちら。




 

 

監修者


医療法人社団メディシェアイデア美容皮膚科クリニック 理事長大池 靖子 おおいけ のぶこ

関連メニュー

関連記事

一覧に戻る
無料カウンセリング予約
無料カウンセリング予約
LINE
ラインで簡単に予約する