柏・船橋・錦糸町で信頼と安心の美容皮膚科

脱毛すると毛穴が目立たなくなる?その脱毛方法を紹介!

コラムメンズ脱毛ワキの医療レーザー脱毛全身脱毛・医療レーザー脱毛医療レーザーによるVIO脱毛医療レーザーによる顔脱毛
2021/08/02






脱毛には、肌が滑らかになる、ニキビなどの肌トラブルの改善につながるといった、ムダ毛のケア以外にもさまざまな効果が期待できます。その効果のひとつとして、「毛穴が目立たなくなる」ということを聞いたことがある方もいるかもしれません。では、脱毛をすると毛穴はどのように変化するのでしょうか。
ここでは、毛穴の仕組みと、脱毛によって毛穴が目立たなくなる理由を解説します。併せて、プロの手による医療レーザー脱毛と光脱毛(エステ脱毛)についても比較していきましょう。





毛穴のメカニズムとは?


そもそも毛穴はどのような役割を担っており、なぜ目立ってしまうのでしょうか。まずは、その仕組みを見ていきましょう。

 

毛穴は肌の保護や体温調整を行う


前提として、脱毛をすることで毛穴がなくなるということはありません。毛穴は汗や皮脂、老廃物などを、体内から排出する役割を担っています。また、毛穴から分泌された皮脂などによって肌に皮脂膜を作り、潤いを守ったり、気温の変化に対応して毛穴を開閉し、体温調整を行ったりするなど、私たちの体に必要不可欠なものなのです。

 

目立つ毛穴と目立たない毛穴の違い


毛穴は、肌の手入れやムダ毛処理の仕方によって、開いたり引き締まったりします。この毛穴の開き具合によって、毛穴は目立つこともあれば、目立たなくなることもあるのです。
毛穴が目立つ原因としては、下記のようなことが挙げられます。
 
<毛穴が目立つ原因>
・毛穴に余分な皮脂や汚れが詰まっている
・誤ったムダ毛の自己処理によって肌荒れを起こしている
・自分で処理しきれなかったムダ毛が詰まり、毛穴が黒ずんで見える

 
 

ムダ毛の自己処理で知っておきたいポイントとは?


毛穴が目立つかどうかは、ムダ毛の処理方法によって大きく変わってきます。ここからは、ムダ毛処理を自分で行う場合に知っておきたいポイントについて解説していきましょう。

 

肌トラブルが起こりやすい自己処理の方法もある


自己処理の中でも、カミソリや毛抜き、ワックスを使った処理は、特に肌へ負担をかけてしまいがちです。毛穴へのダメージも大きいため、より毛穴を目立たせてしまう可能性があります。
 
・カミソリ
カミソリは、肌に直接刃がふれる上、肌に必要な角質も削ぎ落としてしまいやすいため、肌への負担が大きくなります。刃との摩擦によって、色素沈着や炎症を引き起こすことも珍しくありません。
 
・毛抜き
肌を強く引っ張る毛抜きは、毛穴周りへの負担が大きくなってしまいがち。また、抜ききれなかったムダ毛が中途半端に肌に埋まってしまう、埋没毛も生じやすくなります
 
・ワックス脱毛
ワックス脱毛は、ムダ毛を処理したい部分にワックスを塗り、時間を置いてからワックスを取り除くという自己処理方法です。ワックスを取り除く瞬間に強く肌が引っ張られるため、肌への負担はとても大きくなります。処理後は肌が腫れたり、炎症を起こしたりするリスクもあるでしょう。
 

自己処理をするなら除毛クリームか電気シェーバーがおすすめ


自分でムダ毛を処理する場合は、除毛クリームか電気シェーバーの使用がおすすめです。
 
・除毛クリーム
ムダ毛を溶かす除毛クリームを塗って、一定の時間を置いてからクリームを取り除くことで、ムダ毛を処理します。刃をあてたり肌を引っ張ったりしない分、ほかの処理方法と比べて毛穴への刺激も少なく済みます。
ただし、敏感肌の方など、肌質によっては除毛クリームの薬剤が合わず、肌荒れを起こす可能性も。必ずパッチテストをして、安全性を確認した上で使うようにしましょう。
 
・電気シェーバー
電気シェーバーは、ヘッド部分に内蔵された刃でムダ毛を処理していきます。カミソリよりも肌への刺激が少なく、毛を剃ることができるでしょう。毛穴への負担も少ない方法です。

 
 

クリニックやサロンで脱毛をすると毛穴が目立たなくなる理由とは?


プロの手によって脱毛をすると、毛穴が引き締まり目立たなくなります。その理由には、主に下記のようなものが挙げられます。
 

毛穴に詰まった皮脂や汚れが落ちる


ムダ毛が生えていると、毛穴には皮脂や汚れなどが溜まりやすくなります。しかし、脱毛をするとムダ毛が少なくなるため、毛穴に余分な皮脂や汚れが溜まりにくくなり、毛穴がきれいに引き締まって見えるようになるのです。
 

自己処理では肌が傷つくことがなくなる


カミソリや毛抜きなどでムダ毛を処理しようとすると肌への負担が大きく、肌荒れや埋没毛などのトラブルを起こしやすくなります。肌荒れや埋没毛は、毛穴を目立たせる大きな原因です。プロの手による脱毛をすることで、このような肌トラブルを避けることもでき、きれいな肌が手に入ります。

 
 

医療レーザー脱毛と光脱毛(エステ脱毛)の違いとは?


プロの手による脱毛を検討するにあたって、医療機関で受けられる医療レーザー脱毛と、エステやサロンでの光脱毛どちらにすべきか悩む方も多いのではないでしょうか。
ここでは、それぞれの効果や必要な施術回数、料金などを比較してみました。
 
■医療レーザー脱毛と光脱毛の特徴

脱毛の種類医療レーザー脱毛光脱毛(エステ脱毛)
効果一度破壊した毛穴からは毛が生えにくい状態になる一時的に毛は減るがまた生えてくる
平均施術回数3~6回程度16~18回程度
平均施術期間1年程度3~4年程度
施術者医師の診察のもと、医師または看護師による施術エステティシャン(医療資格は不要)による施術
料金エステよりも1回あたりの料金が高額になる傾向だが、トータルで計算すると安く済む場合もある1回あたりの料金は医療機関よりも安い傾向がある
 

医療レーザー脱毛


医療レーザー脱毛では、ムダ毛を処理したい部位にレーザーを照射して、毛根周辺の組織を破壊し、ムダ毛が生えにくい状態にしていきます。医療機関だけが施術可能な脱毛方法です。使用する医療用レーザーはエステやサロンの光脱毛器よりも出力が高く、高い効果が期待できるでしょう。

光脱毛と比べて治療効果が高いことから、脱毛完了までにかかる期間も短く、回数も少なく済みます。1回あたりの料金は光脱毛よりも高い傾向がありますが、トータルで計算するとかえって安く済むというケースも珍しくありません。脱毛が完了すると自己処理も不要になるため、毛穴の開きや黒ずみなどによる肌トラブルの改善も期待できるでしょう。
 

光脱毛(エステ脱毛)


光脱毛は、ムダ毛が生えている部分にライトを照射して、毛を作る機能を弱めていきます。施術回数を重ねることで、ムダ毛が抜け落ちたり、生えてくる本数を減らしたりすることが可能です。
照射出力が弱いライトを用いるため、施術中の痛みもほとんどありませんが、医療レーザー脱毛と比べると効果は低いという側面もあります。
 
 

イデア美容皮膚科クリニックの医療レーザー脱毛なら毛穴もきれいに


毛穴を目立たせなくするには、日頃の自己処理の方法を見直し、肌や毛穴への負担の少ない方法でムダ毛をケアする必要があります。また、医療レーザー脱毛なら、高い脱毛効果によってムダ毛を処理しつつ毛穴も引き締め、毛穴の目立たない美肌を目指すことができるでしょう。

柏・船橋・錦糸町のイデア美容皮膚科クリニックでは、医療レーザー脱毛以外にも、毛穴トラブルを改善しつつ美肌を目指せるベルベットスキンなど、人気の美肌治療をご用意しています。
患者様一人ひとりのお悩みやご希望に合わせたプランをご提案しますので、お気軽にまずは無料カウンセリングからご相談ください。

 

イデア美容皮膚科クリニックの無料カウンセリングはこちら。




 

 

監修者


医療法人社団メディシェアイデア美容皮膚科クリニック 理事長大池 靖子 おおいけ のぶこ

関連メニュー

関連記事

一覧に戻る
無料カウンセリング予約
無料カウンセリング予約
LINE
ラインで簡単に予約する