• 皮膚科は保険診療の中で、日々の生活に影響のある疾患を治すということを目的としているため、今できているニキビを治療するための外用薬や内服薬を処方を主に行います。 一方、美容皮膚科は、保険診療・保険外診療に関わらず、患者さまの美しさ・お悩み解決のための治療を行っています。 そのため、今できているニキビを治療することはもちろん、悩みのない美しい肌のために、次のニキビができにくい肌質への改善・ニキビ跡の改善までお手伝いを致します。

     
  • 比較的軽い段階のニキビであれば、ピーリングなどにより不要な角質を取り除くことで改善できます。炎症を起こしている場合には、ピーリングに加え、抗酸化作用のさるビタミンCイオン導入・フォトRFによる肌質改善が効果的です。

     
  • ピーリングには、肌の新陳代謝を促す効果があり、肌の再生も促すことができるため、ニキビ跡の改善にも適しています。

     
  • ピーリングは古い角質を取り除き、ニキビの原因となる毛穴の詰まりを解消してニキビを防ぎます。 また肌の新陳代謝を活発にするので、治りにくい赤く炎症したニキビの改善にも効果的で、数回の施術を繰り返すうち徐々に改善されていきます。また、ピーリングは、イオン導入などの治療との併用でさらなる相乗効果が期待できます。

     
  • 胸元や背中も顔と同じように皮脂腺が多くニキビができやすい部分です。全身どの部分のニキビも治療可能ですので、まずはお気軽にご相談ください。

     
  • イオン導入もアクシダームも、美白・皮脂抑制・赤みの鎮静などの効果がある有効成分を肌に導入する治療法ですが、有効成分を導入できる度合いが全く異なります。

    アクシダームはイオン導入の約10倍の導入ができ、皮膚表面から2cmの深さで比較した場合、イオン導入では有効成分が5%しか導入できないのに対し、アクシダームでは約94%導入することができます。そのため、アクシダームはイオン導入に比べて短時間で高い効果を実感できます。

     
  • 大人のニキビの場合は、ストレスや睡眠不足、ホルモンバランスの乱れなど様々な要因があり、乾燥肌の人でもニキビができやすくなります。 ビタミンCイオン導入は、お肌の水分と油分を理想的なバランスに近づけてくれますので、乾燥肌から脂性肌まであらゆる肌タイプの方のニキビ改善に効果的です。 お肌の敏感な方にも安心していただけるニキビ治療をご提案致しますので、まずはご相談ください。

     
  • 販の洗顔料の中には、洗浄成分が非常に強く、肌に刺激を与えてしまうものもあります。
    また、皮脂を取り過ぎてしまうと、肌が乾燥したり細菌に感染しやすくなることがありますので、注意が必要です。

    当院では、セラミドⅡやプラセンタエキスなどのうるおい成分を主成分とした洗顔料を取り扱っています。皮脂を取り過ぎることなく、汚れだけを落としますので、ニキビや炎症の悪化を防ぎます。
    また、ニキビにも刺激を与えにくいやさしい使い心地ですので、炎症が重度の方にもおすすめです。ご希望に応じて使用方法のアドバイスなども行っておりますので、お気軽にご相談ください。
  • 確かに、ケミカルピーリングは、皮膚の表面を溶かし、肌の新陳代謝を促す治療です。高いニキビ治療効果が期待できますが、取り扱いには注意が必要で、エステなどで行われているケミカルピーリングでは皮膚トラブルも報告されていました。
    しかし、当クリニックは医師が常駐する医療機関であり、患者さまの肌の特性や状態を見極めます。 そして、ニキビ治療を3,000件以上行ってきた知見から、患者さまお一人おひとりに合わせて酸の強さを調整するなど、患者さまの肌の安全には細心の注意を払っていますのでご安心ください。

     
  • 赤ら顔の原因は、毛細血管拡張症であり、寒い室外から、暖かい室内に入ったときに、顔が赤くなってしまうことや、小さな頃から顔が赤くなりやすい方は、赤ら顔の可能性があります。 ただし、ニキビや肌荒れで、炎症を起こし、顔が赤くなっている場合があります。 その場合は、ニキビや肌荒れの治療を行えば改善されます。また、併発している場合もあるので、まずは診察を受けて頂くことをおすすめします。
  • フォトRFを照射して、毛細血管を破壊、もしくは血行を改善することで治療を行います。 赤ら顔は、毛細血管拡張症を原因としています。 そのため、患部の毛細血管に血液が溜まらないようにする、もしくは、血液が行かないようにすることで、症状が改善されます。
  • 患部になりやすい頬の毛細血管は、腹部の5倍密集しています。そのために、赤ら顔のような症状が発生します。 毛細血管を破壊すると聞くと、怖いイメージをお持ちになるかもしれませんが、赤ら顔を治療するために、一部の毛細血管を破壊したとしても、身体に影響はなく、心配されるような副作用はほとんどありません。
  • フォトフェイシャルで赤味を改善する場合は、シミやそばかすに比べて治療回数がかかることが多いです。
    1クール(4~5回)で効果が実感できる方もいれば、症状によっては8~10回以上受けて効果が実感できる方もいらっしゃいますので、まずは医師の診察をお受けください。

    また、ホームケアとして美白作用の高い化粧品を使うことで、赤みの改善が早まります。当院では、プラセンタエキスなどの美白作用が高配合されたコスメや、医療機関専用の高濃度ハイドロキノンクリームなどを扱っていますので、お気軽にご相談ください。
無料カウンセリング予約
無料カウンセリング予約