イデア美容皮膚科クリニックロゴ
イデア美容皮膚科クリニック
男性美容医療
男性の体臭とは?においの種類と対策

男性の体臭とは?においの種類と対策

女性よりも強いとされる男性の体臭。男性は皮脂が多く汗をかきやすい上に、体臭成分のなかには男性の体臭により多く含まれるものもあると言われています。マナーやエチケットの一部として、自分の体臭は適切にケアしておきたいですよね。本記事では、体臭の原因や種類から、効果的な対策・治療法まで解説します。体臭対策として、ぜひ参考にしてみてください。

男性が知っておきたい体臭ケア・体臭の原因や対策・治療法

体臭の原因とは?

体臭のきっかけとなる汗には、エクリン汗腺から出る汗とアポクリン汗腺から出る汗の2種類があります。

エクリン汗腺はほぼ全身にあり、成分の99%が水でサラサラとしているのが特徴です。分泌された直後は臭いませんが、アカや皮脂などと混ざり合い、皮膚常在菌によって分解されることでニオイの原因物質が発生します。


アポクリン汗腺は、脇の下や外耳のほかに、乳輪、下腹部から陰部、肛門にかけての特定の部位のみに存在。アポクリン汗腺から出る汗は、中性脂肪や脂肪酸、鉄分・尿素・アンモニアなどの、ニオイのもととなる成分を多く含みます


体臭が発生するしくみ


男性の体臭に多く含まれるとされる「アンドロステノン」も、体臭を発生させる成分のひとつです。女性は不快に感じやすく、男性は気付きにくいという特徴を持つニオイなので、知らぬ間に嫌なニオイを放っているかもしれません。


体臭のなかでも、主に脇から特有のニオイが発生する体質のことをワキガと言います。ワキガの原因となる汗を出すのが、アポクリン汗腺。脇毛が生え始める頃に発症することが多く、成長とともにニオイが強くなります。20歳前後でピークを迎えると、壮年期以降は徐々に改善される点も特徴的です。


男性の体臭の種類とは?

体臭にも種類があり、それぞれの強度は年代とともに変化していきます。発生場所や発生のピークとなる年代別に、特徴を紹介します


体臭は、年代によって種類/発生部位が変化する


新陳代謝が活発で汗をかきやすい20代前半に強度のピークを迎えるのは、「汗臭」です。エクリン汗腺とアポクリン汗腺の両方を持つ脇を中心に、酸っぱいニオイやスパイスのようなニオイを放ちます。


30代~40代を中心に発生が増加するのは「ミドル脂臭」。後頭部・頭頂部・うなじなどを中心に発生し、古い油のようなニオイを特徴とします。30代半ばを過ぎると枕のニオイが気になり始めるのは、ミドル脂臭によるものと言えるでしょう。


40代~50代以上になると、「加齢臭」が増えます。体幹を中心に発生し、枯草や古本のようなニオイと例えられることが多いです。皮膚常在菌の代謝による汗臭やミドル脂臭とは異なり、皮脂が酸化することで発生します


体臭の改善には生活習慣の見直しを

食生活の偏りやストレスの蓄積、運動不足などの生活習慣によって体臭は強くなります。体臭を改善するためには、食べ物や生活習慣を見直すことが有効です。


動物性タンパク質や脂肪の多い食品を過剰に摂取すると、腸内で悪玉菌が増えて腸内環境が悪化します。腸内環境が悪化するとアンモニアなどの毒物が生成され、血液を通って口臭や体臭になる仕組み。男性人気の高い食べ物には肉料理や高脂肪酸のものが多いですが、食べすぎには注意したいですね。


運動や入浴など、汗をかく習慣も大切です。汗腺の機能を高めることで、蒸発しやすく雑菌が繁殖しにくいサラサラとした汗をかきやすくなります。汗が皮脂と混ざる前に、こまめに拭き取ることも臭わせないコツです。


入浴時には頭や体を丁寧に洗い、汗や皮脂をしっかり落としましょう。体と同様、衣服にも汗や皮脂は付着しています。体はしっかりケアしているのに何故か臭うのであれば、衣服が原因である場合も。こまめに洗濯し、衣服にニオイが染み込まないようにすることも大切です


日頃からできる体臭エチケット

エチケットとして、日頃から行える体臭対策もあります。なにより大切なのは、汗は放置せずにこまめに拭き取ること。汗がニオイを生む可能性を、できるだけ低くすることが大切です。


体臭を防ぐためのデオドラントアイテムを活用する方法もおすすめ。それぞれの特徴を生かして、使用場面や自分の好みに応じて使い分けると良いでしょう。


  • デオドラントローション:エタノールを多く含み、清涼感のあるものが多い。制汗効果を高く感じやすい。
  • デオドラントパウダー:伸びや滑りのいいパウダータイプ。ルースタイプやプレストタイプがある。
  • デオドラントスプレー:さらっとした使用感。液体化したガスが噴射時に気体となり温度が下がるため、冷たく感じる。
  • デオドラントスティック:付着力に優れ、防臭効果の持続性がある。


主なニオイ治療法

体臭に悩む方に向けた治療方法もあります。必要に応じて、検討してみてはいかがでしょうか。

ボツリヌストキシン注射

ボツリヌス菌の作用で、汗を分泌するための神経をブロックして汗を抑える治療法。脇に直接注射を打つことで、エクリン汗腺の神経伝達物質を抑制します。汗の量が減るので、結果的にニオイも弱まる仕組みです。


パースピレックス

医療用の制汗剤で、体臭の治療に用いられる塗り薬の代表格です。塗ることでアポクリン汗腺にフタをし、体臭を抑える働きをします。市販の制汗剤に比べて少ない使用回数で効果を感じやすい点が特徴的。ロールオンタイプやローションタイプなどがあります。


ミラドライ

マイクロ波を皮膚の上から照射する治療法。エクリン汗腺とアポクリン汗腺を熱破壊して体臭を抑える仕組みなので、皮膚を切らずに治療できます。ワキガや多汗症の治療に多く用いられる方法です。


わきが・多汗症治療の料金プラン・詳細はコチラ

体臭との向き合い適切なニオイケアを

生きている以上、誰しも汗をかきます。汗や体臭について理解し、上手に付き合うことがニオイケアの第一歩ではないでしょうか。自分の体質や体臭の特徴を踏まえ、周りに配慮したニオイケアが実践できると理想的です。正しい知識を身に着け、社会人のマナー・エチケットとして生活習慣の見直しや適切なケアを行いましょう

わきが・多汗症治療は当院へお気軽にご相談ください

柏・船橋・錦糸町のイデア美容皮膚科クリニックでは、ワキガ・多汗症治療のプランもご用意しています。デリケートなお悩みだからこそ、プロの技術とサポート体制が整った美容皮膚科に頼ってみてはいかがでしょうか。お一人お一人のお悩みやご要望・ライフスタイルに寄り添って最適な治療法をご提案しますので、初めての方もぜひお気軽にご相談ください


ご予約はこちら


LINEで問い合わせる


執筆者 一般社団法人日本化粧品検定認定コスメライター Akari様

柏・船橋・錦糸町のイデア美容皮膚科クリニック
当院の男性美容医療はこちら
大村 真由
監修者
イデア美容皮膚科クリニック
錦糸町院 院長
大村 真由
おおむら まゆ
関連コラム
「スキンスタイル」で紹介されました。

「スキンスタイル」で紹介されました。

「With脱毛」にて掲載を頂きました。

「With脱毛」にて掲載を頂きました。

学割メンズ医療脱毛をおすすめするわけ

学割メンズ医療脱毛をおすすめするわけ

「アーバンライフメトロ」にメンズ脱毛の掲載を頂きました。

「アーバンライフメトロ」にメンズ脱毛の掲載を頂きました。

「Mens MOTEHADA」にて掲載を頂きました。

「Mens MOTEHADA」にて掲載を頂きました。

関連施術
メンズ医療脱毛

メンズ医療脱毛

男性向け メンズ医療脱毛

薄毛治療薬

薄毛治療薬

毎日のケアで免疫力を高めて老化を防止

ダーマペン4

ダーマペン4

ニキビを 再発させない お肌を実現

マクロゴールピール

マクロゴールピール

ニキビの できにくい 肌質を作る

無料カウンセリングの
ご予約・お問い合わせ

受付時間:11:00~19:00
スマートフォン、PHSからも通話無料
千葉柏院
千葉柏院
0120-956-901
千葉県柏市中央町2-1 柏センタービル6F
千葉船橋院
千葉船橋院
0120-957-598
千葉県船橋市本町1-4-11 船橋小林ビル1F
東京錦糸町院
東京錦糸町院
0120-918-956
東京都墨田区江東橋3-8-12 KINSIA ANNEXビル4F
クリニックのご紹介
料金・費用・プラン
男性の方はこちら
よくある質問
プライバシ-ポリシー
Copyright © 2024イデア美容皮膚科クリニックAll rights reserved.