柏・船橋で信頼と安心の美容皮膚科

ダーマペンとは?シワやくすみを改善する美肌治療の効果や注意点

コラムダーマペン4
2021/03/16






「ダーマペン」とは、肌本来が持つ再生能力を活かした美肌治療です。肌には、何らかの刺激を受けて傷がついたとき、元通りに戻そうとする能力が備わっています。
ダーマペンでは、髪の毛よりも細い針を使って肌に微細な穴を開けます。すると肌は、微小な損傷を治すために、肌の真皮にある「線維芽細胞」を活性化させて、コラーゲンやエラスチンなどを生成させるのです。
ここでは、ダーマペンの効果のほか、痛みやダウンタイムについて詳しくお伝えします。また、ダーマペンを受ける前後の注意点や、実際の治療の流れなども解説しましょう。





ダーマペンにはどのような効果がある?


ダーマペンは、肌に微細な穴を開けて自然治癒力を高める治療方法です。ダーマペンにはどのような効果があるのか見てみましょう。

 

ダーマペンには小じわやたるみを改善して若々しい肌へ導く効果がある


ダーマペンには、肌に微細な穴を開けて自然治癒力を高め、小じわやたるみを改善して若々しい肌へと導く効果があります。また、ダーマペンでは、開けた穴から線維芽細胞を増殖させる、「成長因子」を含む美容成分を浸透させるので、より高い美肌効果が期待できるのです。

なお、ダーマペンは、レーザーを使った美肌治療と違って熱のダメージを与えないので、治療後の皮膚に色素沈着(黒ずみ)が起きるリスクがありません。レーザー治療後の色素沈着は一過性のものではありますが、気になる方は、ダーマペンを受けるのがおすすめです。
 

ダーマペンにはニキビやニキビ跡、毛穴の開きを改善する効果がある


ダーマペンには、ニキビやニキビ跡、毛穴の開きを改善する効果もあります。
高い殺菌効果で、ニキビの原因菌を殺菌して炎症を鎮めたり、ニキビ跡の色素沈着を防いだりすることができるだけでなく、皮脂の分泌を正常化させて、毛穴で過剰な皮脂分泌が起こるのを防ぎます。

 

 

ダーマペンの気になるポイント


ダーマペンがどれほど痛いのかということや、ダーマペンを受けた後、いつからメイクが可能になるのかなど、気になる方もいるでしょう。続いては、ダーマペンを受ける際の気になるポイントについて解説します。

 

ダーマペンの痛み


ダーマペンを受ける前は、治療を受ける部位に麻酔クリームを塗布しますが、痛みの感じ方には個人差があります。人によってはチクチクとした痛みを感じる場合があるでしょう。
なお、ダーマペンを受けた後は、一時的な赤みやかさぶた、むくみ、かゆみが生じる場合があります。

 

ダーマペンのダウンタイム


ダウンタイムとは、クリニックなどで肌の美肌治療を受けてから、肌が元の状態になるまでの期間のことです。ダーマペンを受けた後のダウンタイムには個人差がありますし、ダーマペンを受けるクリニックによっても異なります。
ダーマペンを受けた当日からメイクをしてもいいというクリニックもあれば、受けた後12時間はメイク不可というクリニックもあります。一般的には、ダーマペンを受けた日の翌日以降であれば、メイクをしても問題ありません。

 

ダーマペンの効果が出るまでの回数


ダーマペンは、1回受けるだけでも肌のハリがアップするなど、ある程度の効果を実感できる方もいます。
しかし、くすみやニキビなどの肌質を改善して十分な効果を得るためには、1ヵ月程度の間隔を空けて、5回以上の治療を受けるのがおすすめです。効果が得られるまでに必要な回数には個人差がありますので、治療を受けながら様子を見ましょう。
 

 

 


ダーマペンを受ける前や受けた後の注意点


ダーマペンを受ける前や受けた後は、いくつか注意すべき点があります。肌トラブルを引き起こさないためにも、確認しておきましょう。

 

アレルギーや皮膚に疾患のある人は受けられない場合も


ダーマペンを受けられる条件は、クリニックよって異なります。
一般的に、下記にあてはまる方は、ダーマペンの治療を受けられない場合があります。

アレルギーや皮膚に疾患のある方
感染性疾患のある方
ひどいニキビが進行中の方
出血性の疾患がある方
妊娠中の方
ケロイド体質の方
金属アレルギーの方

 

日焼けを避ける


ダーマペンを受けた後は、日焼けを避けてください。ダーマペンを受けた後に過度な日焼けをすると、肌が炎症を起こす可能性があります。治療後、1ヵ月程は日焼け止めクリームなどを使って、紫外線対策を徹底するようにしましょう。
ただし、クリニックによっては、ダーマペンを受けた直後は日焼け止めクリームの利用を控えるように指導されたり、ダーマペンを受けた後に、専用の日焼け止めクリームを処方してくれたりする場合があります。
治療後の日焼け対策については、ダーマペンを受けたクリニックに確認してください。

 

十分に保湿して肌に刺激を与えないようにする


ダーマペンを受けた後、数日から数週間は、特に肌が乾燥しやすくなっているため、十分な保湿を心掛けてください。
ただし、アルコールが含まれる化粧水は、肌への刺激が強い場合があるため、治療後2、3日間は、使用を控えましょう。また、洗顔時には低刺激性の洗顔料を使うことをおすすめします。

 

治療後2、3日はサウナ・入浴・過度な運動は避ける


ダーマペンを受けた後、治療を受けた部位の赤みが引くまでの約2、3日は、サウナや入浴、激しい運動は避けましょう。ダーマペンを受けた後の肌は非常にデリケートな状態にあり、体温が著しく上昇することで赤みが増すことがあります。なお、一般的にシャワーは、ダーマペンを受けた当日からOKとされています。

 
 

イデア美容皮膚科クリニックのダーマペンの特徴


ダーマペンを受けたいと考えている方には、カウンセリングが丁寧でアフターケアが万全なイデア美容皮膚科クリニックの治療をおすすめします。
イデア美容皮膚科クリニックのダーマペンは、「ハイラアクティブ(Hyla Active)」を基本薬剤として使用するのが特徴です。ハイラアクティブはどのような状態の肌でも使える薬剤であり、保湿効果が優れた高濃度ヒアルロン酸のほか、抗炎症効果が期待できる亜鉛が配合されています。
また、イデア美容皮膚科クリニックのダーマペンで使用しているのは、「ダーマペン4」というタイプの治療器具です。

イデア美容皮膚科クリニックのダーマペンには、「ダーマペン4」「ベルベットスキン」の2種類のプランがあります。
それぞれのプランの内容をご紹介しましょう。

 

ダーマペン4


ダーマペン4は、毛穴の開きやくすみを改善する効果や、肌の老化を防ぐアンチエイジング効果が期待できる美肌治療です。お顔の場合、ターンオーバーを促進することでニキビ跡の色素沈着を改善させたり、高い殺菌効果でニキビの原因菌を殺菌して炎症を鎮めたりする効果があります。
ほかにも、クレーターや小じわなどの肌トラブルを改善する効果も期待できます。

 

ベルベットスキン


ベルベットスキンは、ダーマペンと、マッサージしながら肌に美肌有効成分を浸透させる「マッサージピール」を組み合わせた美肌治療です。顔全体に浅く穴を開けた後、肌の表皮と皮下組織のあいだにある「真皮層」に、コラーゲンを増生する美肌有効成分を注入します。
ベルベットスキンは、皮膚の修復過程で大量のコラーゲンが生成されることにより、毛穴の黒ずみや開き、ニキビが改善されるのが特徴です。さらに、マッサージピールによる美白、肌のハリの効果も期待できます。

 
 

イデア美容皮膚科クリニックのダーマペンの流れ


続いては、イデア美容皮膚科クリニックのダーマペンの流れをご紹介します。

 

1 洗顔


最初に、洗顔で皮膚の汚れを落とし、肌を清潔な状態に整えます。

 

2 麻酔クリーム


麻酔クリームを塗布し、30分~1時間置きます。

 

3 導入


麻酔クリームを拭き取り、美容成分を塗布してダーマペン4を使って注入します。

 

4 クーリング


ビタミンC誘導体などが含まれた鎮静パックで、肌をクーリング(冷却)します。

 

5 仕上げ


肌の修復を促すリペアクリームを塗布し、完了となります。
 
 

ダーマペンはサポート体制万全のイデア美容皮膚科クリニックがおすすめ


ダーマペンは、肌が本来持つ自然治癒力を活かした美肌治療であり、ニキビやニキビ跡、毛穴の開き、シワやくすみなど、さまざまな肌の悩みを改善する効果が期待できます。

柏・船橋のイデア美容皮膚科クリニックでは、ダーマペンを受ける前のカウンセリングで、治療を受けるにあたって気をつける点などをお伝えしています。治療の最後にはビタミンC誘導体などが含まれた鎮静パックによるクーリングを行うなど、万全のサポート体制を整えていますので、初めてダーマペンを受ける方もご安心ください。
ダーマペンに興味がある方は、まずはお気軽に、無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

 

イデア美容皮膚科クリニックの無料カウンセリングはこちら。
無料カウンセリング予約→

 

 

監修者


医療法人社団メディシェアイデア美容皮膚科クリニック 理事長大池 靖子 おおいけ のぶこ

関連メニュー

関連記事

一覧に戻る
無料カウンセリング予約
無料カウンセリング予約
LINE
ラインで簡単に予約する