柏・船橋・錦糸町で信頼と安心の美容皮膚科

AGA治療薬ザガーロの効果と、プロペシアとの違いや特徴を解説

コラム女性のための薄毛治療
2021/06/01






男性型脱毛症であるAGAの初期段階での治療は、発毛効果の期待できる薬「ミノキシジル」と、薄毛の進行を抑制する薬「プロペシア」または「ザガーロ」を服用するのが一般的です。
以前は、AGAの抜け毛を防ぐ薬といえばプロペシアでしたが、近年ではザガーロが使われることも増えてきました。ここでは、プロペシアとザガーロの違いや、期待できる効果について解説します。





ザガーロとは?


ザガーロは、2015年にAGA治療薬として厚生労働省に承認された内服薬です。薄毛の進行を抑制するAGA治療薬として厚生労働省から承認されたのは、プロペシアに次いで2番目です。

AGAは、男性ホルモン「テストステロン」が、血液を通して「5αリダクターゼ」という酵素と結びついてより強力な男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」となり、さらに毛根の毛乳頭にある「男性ホルモンレセプター(受容体)」と結合して、脱毛因子「TGF-β」を生成します。このTGF-βは、毛乳頭や毛細胞に「髪が抜けるように」と指令を出す物質です。指令を受けた髪は、十分に成長しないまま抜け落ちてしまいます。このため、太く健康な髪が生えにくくなり、徐々に髪が薄くなってしまうのです。

ザガーロには、この5αリダクターゼの働きを阻害する「デュタステリド」という有効成分が含まれています。ザガーロを服用すると、デュタステリドの働きによって脱毛因子でもある強力な男性ホルモンDHTの生産量を低下させます。その結果、作られるTGF-βが少なくなるので、成長しないままに抜け落ちる髪も減り、本来の発毛サイクルで健康な毛が育つことにつながるのです。

 

ザガーロの効果が期待できるのはAGAのみ


薄毛にはAGAのほか、FAGA・FPHLといった女性型脱毛症や、円形脱毛症がありますが、ザガーロの服用で薄毛の抑制効果が期待できるのは、AGAのみです。
女性型脱毛症や円形脱毛症は、薄毛になるメカニズムが違うため、女性型脱毛症の場合は別の内服薬を、円形脱毛症の場合はステロイド系の内服薬や軟膏、注射などを使って治療することが一般的です。

 
 

ザガーロとプロペシアの違い


ザガーロとプロペシアは、どちらもAGAの進行を抑制する薬ですが、いくつか異なる点があります。それぞれの違いは下記のとおりです。

 

有効成分と期待できる効果


男性ホルモンのテストステロンと結びつく5αリダクターゼには、I型とII型が存在します。I型は毛根にある毛乳頭細胞や皮脂腺を中心に全身に分布しており、特に側頭部や後頭部に多く存在しています。一方のII型は、主に前頭部や頭頂部に多く存在しています。

ザガーロの有効成分デュタステリドは、I型とII型両方の5αリダクターゼの働きを抑制し、DHTに変わるのを阻害します。これに対し、プロペシアの有効成分「フィナステリド」が動きを抑制するのは、II型の5αリダクターゼのみで、I型には効果が期待できないとされています。

 

副作用の有無


ザガーロとプロペシアの副作用としては、ともに射精障害や勃起不全、精液量減少、性欲の低下などの性機能障害が報告されています。さらに、両方とも副作用として、気分が落ち込んだり憂鬱な気持ちになったりする、抑うつ症状が起こりうることも指摘されています。
また、最新の研究では、プロペシアを服用すると、死にたい気持ちが起こる自殺念慮のリスクと、うつ病のような精神症状の出現リスクが上がるとの報告もあります。

 

価格


ザガーロもプロペシアも、1日1回1カプセル、または1錠を服用するのが基本です。価格は、ザガーロが1箱(0.5mg×30カプセル)1万5,000円程度、プロペシアが1箱(1mg×28錠)8,200円程度なので、ザガーロのほうがやや割高ともいえるでしょう。
なお、どちらの薬も後発の医薬品であるジェネリック医薬品での取り扱いがあります。ジェネリック医薬品の場合の薬剤の価格は、およそ3,000~4,000円程度安くなっています。

 

半減期


薬を服用後、血液中の薬物濃度が半分になるまでの時間である「半減期」は、ザガーロのほうがプロペシアより長くなります。
これはザガーロの効果は持続する半面、万が一副作用が出た場合には、症状が収まるまでに時間がかかることを意味します。

 

服用禁止の対象


ザガーロとプロペシアは、両方とも女性と子供は服用禁止です。これに加え、ザガーロは重度の肝機能障害がある方も服用禁止となっています。ザガーロは肝臓で代謝されるため、肝機能障害がある方が服用すると、血中濃度が上昇するおそれがあるためです。

 
 

クリニックを受診し、自分に合ったAGA治療薬を選択しよう


ザガーロとプロペシアはいずれもAGA治療薬として使われていますが、治療には両方の薬を同時に使うことはなく、どちらか一方が処方されます。
脱毛部位や薄毛の進行状態、体の状態などによって、選ぶ治療薬は異なります。そのため、自己判断はせずに、AGA治療を行っているクリニックを受診し、医師の判断で処方してもらうことがおすすめです。AGAにお悩みの方は、育毛治療に特化した専門のクリニックにまずは相談してみましょう。

柏・船橋のイデア美容皮膚科クリニックでは、薄毛にお悩みの患者様一人ひとりに最適なオーダーメイドの薄毛治療をご提案いたします。投薬治療のみならず、頭皮改善や発毛を促す薬剤の投与も行う複合治療を行っておりますので、まずはお気軽に無料カウンセリングでご相談ください。

 
 
イデア美容皮膚科クリニックの無料カウンセリングはこちら。
無料カウンセリング予約→

 

 

監修者


医療法人社団メディシェアイデア美容皮膚科クリニック 理事長大池 靖子 おおいけ のぶこ

関連メニュー

関連記事

一覧に戻る
無料カウンセリング予約
無料カウンセリング予約
LINE
ラインで簡単に予約する