ニキビ・ニキビ跡治療

複合治療で治療だけでなく
ニキビが「できにくい」肌作りをサポート

ニキビはれっきとしたお肌の「病気です」。
加齢とともに自然的になくなってくる方も多いと思いますが、皮膚の下に隠れていることもあり完全に治りにくいのが特徴です。 当院ではニキビ治療4000症例以上の治療実績をもって、現在お持ちのニキビの根幹治療はもちろん、お肌を最適な状態に戻し、ニキビが再発しないための治療を様々な機器・方法を持ってご提案させて頂きます。

ニキビ治療の症例写真

患者様データ 20代 女性 脂性肌
お悩み 15歳くらいからずっとニキビに悩んでいる。
治療内容 ケミカルピーリング+バイオニックセルサー 1クール(6回)

治療前

ご来院時は、全体的にニキビができており、肌に赤みのある状態で、眉間や鼻の下などに大きめの炎症したニキビがありました。

  • 1回目

    治療後は肌の赤みが収まり、面ぽう圧出により、大きめのニキビが目立たなくなりました。

  •  
  • 2回目

    1回目より全体的にニキビが減っており、特に額の赤みや凹凸はほぼ無くなりました。

  • 3回目

    さらにニキビが減り、頬の赤みや凹凸も改善してきました。口の周りやあごにはまだニキビが見られます。

  •  
  • 4回目

    新たにニキビができることが少なくなり、できていたニキビも小さくなっています。

  • 5回目

    口の周りやあごのニキビ、赤みもだいぶ改善し、凹凸の目立っていた鼻も滑らかになりました。

  •  
  • 6回目

    頬にニキビができてしまったようですが、初めにあった眉間のニキビの跡はほぼわからない状態になりました。

1クール完了後

ニキビができにくくなったことにより、全体的な肌の赤みもなくなり、凹凸のない滑らかな肌になりました。

その他のニキビ治療の症例写真を見る

イデアのニキビ・ニキビ跡治療 3つのポイント

1. 4000症例を超える実績をもとに、最適な治療をご提案

医師の診察の元、最適なニキビ・ニキビ跡治療をご提案します

上で述べた通り、ニキビの原因・症状は人それぞれ異なります。当院では4000症例を超える豊富な治療実績をもとに、患者様の肌質やニキビのタイプを丁寧に診断、最適な治療法をご提案します。

当院ではニキビ・ニキビ跡の治療に複数の治療法をご用意しております。その中から患者様に最適な治療法を選び、時に複数の治療法を組み合わせることで、効果的にニキビ・ニキビ跡の治療を行います。

ニキビやニキビ跡は一度の治療で綺麗に無くなるものではありません。しかし、生活習慣を改善し、適切な日常ケアを続けながら患者様に合った治療を重ねれば、きっと良くなります。

私たちは患者様がニキビしらずの健康な美肌を手に入れご満足いただけるようになるまで、責任をもって治療にあたってまいります。

2. 単にニキビを治すだけでなく、ニキビのできにくい美肌づくりをサポート

ニキビ・ニキビ跡のできにくい美肌作りをサポート

発症しているニキビを治療しても、ニキビ跡として残ったり、すぐにまた新しいニキビができてしまったりしては結局同じことの繰り返しになってしまいます。
当院では、単に皮膚疾患としてのニキビを治すことではなく、患者様にニキビしらずの健康な美肌を手に入れていただくことを目指します。

私たちは、患者様にとっての生涯の美肌作りのパートナーでありたいと考えております。単に治療を施すだけではなく、再発予防のためのご自宅でのケアについてもアドバイスしております。気になることは、治療の中でもお気軽にご相談ください。

3. リラックスできる居心地の良い院内空間のご提供

ニキビ・ニキビ跡治療のためには、多くの場合は定期的にクリニックへ通っていただく必要があります。
クリニックでの時間をリラックスして過ごしていただけるよう、そして通うのを少しでも楽しみに感じていただけるよう、当院では清潔感、温かみを感じる優しい色使い、香りアイテムの利用など院内空間づくりにも気を配っております。

常に患者さまの立場に立って、通いたくなるクリニックを目指しております。

  • 心地よいお出迎え

    施術室は完全個室になっており、
    プライバシー面も安心です。

  • 明るく清潔なカウンセリングルーム

    お化粧ルームの設備も充実。
    施術後はゆっくりとお支度を整えていただけます。

当院がニキビ治療についてテレビ取材を受けました!

BS-TBS「美容口コミ広場」に当院の原ドクターが出演。ニキビ治療についての取材を受けました。
番組の中では、代表的なニキビ・ニキビ跡治療であるケミカルピーリングについて解説したほか、番組スタッフの方に実際にケミカルピーリングとバイオニックセルサーによる治療を受けていただき、その効果を実感していただきました。

ニキビ・ニキビ跡治療メニュー 一覧

ニキビができる原因

ニキビとは、皮脂が毛穴からスムーズに排出されず、皮脂や角質が毛穴にたまった状態、そしてそれによって引き起こされる皮膚疾患全般のことです。
ひとくちに「ニキビ」と言っても、そのタイプや原因は様々。それぞれ適した治療は異なります。
ニキビは、その原因によって「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」の大きく二種類に分けられます。

思春期ニキビ

思春期ニキビは、13歳から18歳頃までの第二次成長期に、男性ホルモンの分泌が増加することで発症します。この男性ホルモンが皮脂腺を刺激して急激に皮脂分泌が増えるため、毛穴からの排出が追い付かずにニキビとなってしまうのです。
顔全体、特におでこや頬にできることが特徴です。
多くの場合は、20歳前後になると自然にできなくなるものですが、悪化して炎症を起こすと、ニキビ跡が残ってしまいます。悪化する前に早めに治療する必要があります。

大人ニキビ

大人ニキビは、ホルモンバランスの乱れや化粧品の毛穴詰まり、偏った食生活など様々な要因によって引き起こされるニキビです。主に顎などフェイスラインにできることが特徴です。

ストレスや睡眠不足といった生活習慣に密接に関わるものなので、一旦ニキビが治ってもニキビの根本の原因となっている生活習慣を改善しなければ、繰り返し発生してしまいます。

ニキビのタイプ

ニキビは、その状態によっていくつかのタイプに分けられます。

特に代表的なものが、「白ニキビ」「黒ニキビ」「赤ニキビ」と呼ばれるものです。

白ニキビ

白ニキビは毛穴に皮脂や角質がつまり、表面がふさがっている状態のことです。

初期段階のニキビですので、適切な治療を受ければすぐに治るものです。しかし、間違った自己流のケアや不規則な生活などを続けていると、悪化して炎症を起こしてしまいかねません。

黒ニキビ

黒ニキビは、毛穴に詰まった皮脂や角質の先端が空気に触れ、酸化して黒ずんでしまった状態です。皮脂の分泌量が多い額や鼻の頭などに多く見られるニキビです。

そのままにしておくと、色素沈着を起こしたり、炎症を起こして赤ニキビになってしまったり、治っても跡が残ってしまったりすることがあります。

赤ニキビ

ニキビが悪化して炎症を起こし、腫れている状態です。この状態になると、治癒した後にもニキビ跡が残りやすくなります。

ニキビ跡を残さないようにするためには、できるだけ早く炎症を抑える必要があります。赤ニキビができてしまった場合は、自己流のケアに頼らず医師に相談することが重要です。

ニキビ跡

ニキビ跡は、ニキビの状態がひどくなって炎症が広がり、お肌の深い部分までダメージが及んでしまった場合に起きるものです。大きく「赤や茶色の色素沈着」と「クレーター状の凹み」の二種類に分かれます。

できてしまったニキビ跡はセルフケアだけではなかなか改善しにくいため、ニキビはニキビ跡が残るような状態になる前に治療したいところです。

ただし、厄介なニキビ跡も、適切な治療を続ければ綺麗な状態に戻すことができます。

ニキビ・ニキビ跡に関するご質問

Q 美容皮膚科と皮膚科のニキビ治療に違いはありますか?
A

皮膚科は保険診療の中で、日々の生活に影響のある疾患を治すということを目的としているため、今できているニキビを治療するための外用薬や内服薬を処方を主に行います。 一方、美容皮膚科は、保険診療・保険外診療に関わらず、患者さまの美しさ・お悩み解決のための治療を行っています。 そのため、今できているニキビを治療することはもちろん、悩みのない美しい肌のために、次のニキビができにくい肌質への改善・ニキビ跡の改善までお手伝いを致します。

Q 良くないと思いながら、ついついニキビを潰してしまうせいで、ニキビ跡が目立ってしまっています。こうしたニキビ跡に効果のある施術はありますか?
A

ピーリングには、肌の新陳代謝を促す効果があり、肌の再生も促すことができるため、ニキビ跡の改善にも適しています。

Q 胸元や背中などにニキビが目立っていて、とても悩んでいます。好みのファッションや、水着もためらってしまって着ることができません。身体にあるニキビも治療可能ですか?
A

胸元や背中も顔と同じように皮脂腺が多くニキビができやすい部分です。全身どの部分のニキビも治療可能ですので、まずはお気軽にご相談ください。

Q ニキビは脂性の人がなりやすいと聞くのですが、私はカサカサが気になるほどの乾燥肌なのに、ニキビが出るのが悩みです。結構、肌は敏感な方だと思います。ニキビは治したいのですが、肌への負担も気になります。私に合うような治療法はありますか?
A

大人のニキビの場合は、ストレスや睡眠不足、ホルモンバランスの乱れなど様々な要因があり、乾燥肌の人でもニキビができやすくなります。 ビタミンCイオン導入は、お肌の水分と油分を理想的なバランスに近づけてくれますので、乾燥肌から脂性肌まであらゆる肌タイプの方のニキビ改善に効果的です。 お肌の敏感な方にも安心していただけるニキビ治療をご提案致しますので、まずはご相談ください。

Q ケミカルピーリングは薬剤で皮膚を溶かすと聞きましたが、安全性は大丈夫ですか?
A

確かに、ケミカルピーリングは、皮膚の表面を溶かし、肌の新陳代謝を促す治療です。高いニキビ治療効果が期待できますが、取り扱いには注意が必要で、エステなどで行われているケミカルピーリングでは皮膚トラブルも報告されていました。
しかし、当クリニックは医師が常駐する医療機関であり、患者さまの肌の特性や状態を見極めます。 そして、ニキビ治療を3,000件以上行ってきた知見から、患者さまお一人おひとりに合わせて酸の強さを調整するなど、患者さまの肌の安全には細心の注意を払っていますのでご安心ください。

Q 現在20代後半の女性です。高校時代からニキビで悩んでいて、これまで薬局で塗り薬を購入してきましたが、正直あまり変わったように感じません。 美容皮膚科ではどんな治療法があるのでしょか?
A

比較的軽い段階のニキビであれば、ピーリングなどにより不要な角質を取り除くことで改善できます。炎症を起こしている場合には、ピーリングに加え、抗酸化作用のさるビタミンCイオン導入・フォトRFによる肌質改善が効果的です。

Q 赤くはれて、ところどころ膿んだようになるほど、ニキビが悪化しています。鏡を見ると憂鬱になりますし、メイクもおしゃれも楽しめません…。私のように重症のニキビでも治療は可能でしょうか?
A

ピーリングは古い角質を取り除き、ニキビの原因となる毛穴の詰まりを解消してニキビを防ぎます。 また肌の新陳代謝を活発にするので、治りにくい赤く炎症したニキビの改善にも効果的で、数回の施術を繰り返すうち徐々に改善されていきます。また、ピーリングは、イオン導入などの治療との併用でさらなる相乗効果が期待できます。

Q イオン導入とアクシダームの違いを教えてください。
A

イオン導入もアクシダームも、美白・皮脂抑制・赤みの鎮静などの効果がある有効成分を肌に導入する治療法ですが、有効成分を導入できる度合いが全く異なります。

アクシダームはイオン導入の約10倍の導入ができ、皮膚表面から2cmの深さで比較した場合、イオン導入では有効成分が5%しか導入できないのに対し、アクシダームでは約94%導入することができます。そのため、アクシダームはイオン導入に比べて短時間で高い効果を実感できます。

Q ニキビがひどく、市販の洗顔料がしみるのですが、このような状態でも使用できる洗顔料はありますか?
A

販の洗顔料の中には、洗浄成分が非常に強く、肌に刺激を与えてしまうものもあります。
また、皮脂を取り過ぎてしまうと、肌が乾燥したり細菌に感染しやすくなることがありますので、注意が必要です。

当院では、セラミドⅡやプラセンタエキスなどのうるおい成分を主成分とした洗顔料を取り扱っています。皮脂を取り過ぎることなく、汚れだけを落としますので、ニキビや炎症の悪化を防ぎます。
また、ニキビにも刺激を与えにくいやさしい使い心地ですので、炎症が重度の方にもおすすめです。ご希望に応じて使用方法のアドバイスなども行っておりますので、お気軽にご相談ください。

»取扱コスメ「ビオサプ」について詳しくはこちら