医療レーザー脱毛機「ライトシェアデザイア」

ライトシェアデザイア

当クリニックの脱毛施術では、米国ルミナス社製のダイオードレーザー脱毛機「ライトシェアデュエット」の後続機である、「ライトシェアデザイア」を使用しています。

「ライトシェアデザイア」は、米国FDA(日本の厚生労働省にあたる機関)から認可を受けており、安全性が保証されています。また、「ライトシェア」シリーズは、数ある医療レーザー脱毛機の中でも、初めてFDA認可を受けた機器であり、日本だけでなく世界中で長年使用されている実績がございます。

脱毛機ダイオードレーザーの最新版「ライトシェアデザイア」の特徴

日本人に最も適したレーザーで脱毛効果が高い

医療レーザー脱毛で使用されるレーザーには、アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、ヤグレーザーなどの様々な種類があります。ライトシェアデザイアは、ダイオードレーザーという種類のレーザーを用いた脱毛機器です。ダイオードレーザ―の波長は、数あるレーザーの中でも特に日本人の肌質や毛質に適していると言われており、毛根部に効率的にエネルギーを伝えることができるため、高い脱毛効果が得られます。

一度の脱毛施術が短時間で完了

ライトシェアデザイアで使用できるハンドピースは、大中小の3種類あります。前世代のライトシェアデュエットではハンドピースは2種類でしたが、ライトシェアデザイアには照射口が大きなハンドピースが加わったことで、1回の照射でも広範囲にレーザーを照射することができます。背中、腹部、腕、足などの毛が広範囲に生えている部位の脱毛施術時間が大幅に短縮され、従来の1/3の時間で施術が完了できるのが特徴です。

例えば、全身脱毛の1回の施術は1時間30分程度で完了します。
他クリニックの全身脱毛では、1回の施術に数時間かかる場合もあるようですが、ライトシェアデザイアは大中小のハンドピースの使い分けができるため、指などの細かい部位は小さなものを使用し、背中や腹部、腕、足など広範囲の部位は大きなものを使用することでスピーディな施術ができます。
また、当クリニックの全身脱毛では、1回の施術で全ての部位を施術せずに、上半身と下半身に分けて施術を行います。1回あたりの施術時間が短いので、患者さまの負担を軽減します。

脱毛時の痛みが少ない

ライトシェアデザイアには、患者さまの痛みを軽減する「冷却」と「吸引」機能が備わっています。
脱毛機の照射口自体に冷却機能が搭載されているため、レーザー照射時の熱さを抑え、痛みの軽減に繋がります。
また、独自の吸引機能が備わったことで、ライトシェアデュエットよりもさらに照射時の痛みが軽減されます。ハンドピースが皮膚を吸引すると、皮膚が引き伸ばされ、レーザー照射口に近づきます。レーザー照射口と毛根部が近づくことで、従来よりも少ない出力で毛根部にエネルギーを伝えることができるため、痛みを最小限に抑えることができます。

熟練の技術を持った看護師が施術

熟練の技術を持った看護師が施術

このように、最新ダイオードレーザー「ライトシェアデザイア」には、短時間で施術が可能であり、痛みを軽減できるという特徴がありますが、いくら高性能の脱毛機を使用していたとしても、施術者の技術が低ければ脱毛効果も低くなってしまいます。
当クリニックでは、約10,000症例という豊富な脱毛経験で培ったノウハウを生かし、熟練の技術を持った女性スタッフが丁寧な施術を行いますので安心です。
また、痛みを軽減し、肌へのダメージを防ぐために、レーザー照射前には冷却ジェルの塗布を行い、レーザー照射後はアイシングを行います。
万が一、施術後に赤みや腫れなどのトラブルがあった場合は、すぐに医師が適切な対応をいたしますので、ご相談ください。医療機関ならではの万全なアフターケアを行い、患者さまに安心して脱毛を受けていただけるように心がけております。