赤ら顔治療

イデア美容皮膚科クリニックの赤ら顔治療

気になる赤みを解消し、
透明感のあるお肌に

赤ら顔とは、毛細血管の拡張によってお顔が常に赤くなった状態のことです。
頬や小鼻、あるいはお顔全体に広がる赤みに悩む方は非常に多くいらっしゃいます。

従来は赤ら顔を治療することは難しいと言われており、セルフケアで少しずつ改善していく方法が一般的でした。
しかし、医療機器・治療法の発達により、赤ら顔もクリニックで効果的に治療することができるようになりました。

イデア美容皮膚科クリニックでは、お一人お一人の症状に合わせて、最新機器による治療とホームケアを組み合わせながら、効果的な赤ら顔治療をご提供しております。

赤ら顔の種類・原因

ひとくちに赤ら顔と言ってもその原因や症状は様々ですが、赤ら顔は大きく2種類に分けることができます。
ただし、この2種類が併発していることも非常に多くあり、ご自身で赤ら顔の状態を判断することは簡単ではありません。まずは、医師の診察を受けることをおすすめします。

毛細血管が透けて見えるタイプの赤ら顔

お顔の皮膚の薄さにより、毛細血管が肌から透けて見えてしまうタイプの赤ら顔です。
特に小鼻や頬の付近は毛細血管が密集しているため、お肌の皮膚が薄い方は少し血管が広がっただけで赤みが出やすいのです。
例えば、寒い屋外から暖かい屋内に入った時などに顔がほてりやすいという方は、このタイプだと言えるでしょう。

お顔の皮膚の薄さは生まれつきのこともあれば、後天的であることもあります。
マッサージ・ピーリングのやりすぎや刺激の強い化粧品によって、皮膚が削れて薄くなってしまうのです。

クリニックでの治療としては、フォトフェイシャル・フォトRFで毛細血管を縮小させ、過度な毛細血管の広がりを抑えることが効果的です。
ご家庭でのセルフケアとしては、皮膚を薄くしてしまうスキンケアの見直しのほか、血管を広げやすいアルコールやたばこ、刺激物を控えることも赤ら顔の解消に効果があります。
また、当院では美白作用の高い化粧品や、血行を改善する炭酸パックもおすすめしております。

お肌の炎症による赤ら顔

ニキビや乾燥、アレルギーなどにより、お顔の皮膚が炎症を起こしてしまっている状態です。
まずは、ニキビなど炎症を起こしている原因を治療して健康なお肌に戻すことが大切です。通常はそれらの肌トラブルが治れば炎症も収まり、赤みは消えます。

もちろん、炎症を起こしている原因によってそれぞれ適した治療は異なりますが、バイオニックセルサーは肌トラブルの改善全般に効果があります。
また、フォトフェイシャル・フォトRFを組み合わせるとより効果的に赤みを解消することができます。

赤ら顔治療メニュー 一覧

赤ら顔に関するご質問

Q 顔が赤くなりやすいのですが、赤ら顔でしょうか?
A

赤ら顔の原因は、毛細血管拡張症であり、寒い室外から、暖かい室内に入ったときに、顔が赤くなってしまうことや、小さな頃から顔が赤くなりやすい方は、赤ら顔の可能性があります。 ただし、ニキビや肌荒れで、炎症を起こし、顔が赤くなっている場合があります。 その場合は、ニキビや肌荒れの治療を行えば改善されます。また、併発している場合もあるので、まずは診察を受けて頂くことをおすすめします。

Q 赤ら顔の治療で、毛細血管を破壊する場合があると聞きましたが、身体に影響はないのでしょうか?
A

患部になりやすい頬の毛細血管は、腹部の5倍密集しています。そのために、赤ら顔のような症状が発生します。 毛細血管を破壊すると聞くと、怖いイメージをお持ちになるかもしれませんが、赤ら顔を治療するために、一部の毛細血管を破壊したとしても、身体に影響はなく、心配されるような副作用はほとんどありません。

Q 赤ら顔はどのように治療するのですか?
A

フォトRFを照射して、毛細血管を破壊、もしくは血行を改善することで治療を行います。 赤ら顔は、毛細血管拡張症を原因としています。 そのため、患部の毛細血管に血液が溜まらないようにする、もしくは、血液が行かないようにすることで、症状が改善されます。

Q 小鼻の赤味が気になります。何回くらいフォトフェイシャルを受ければ改善できますか?
A

フォトフェイシャルで赤味を改善する場合は、シミやそばかすに比べて治療回数がかかることが多いです。
1クール(4~5回)で効果が実感できる方もいれば、症状によっては8~10回以上受けて効果が実感できる方もいらっしゃいますので、まずは医師の診察をお受けください。

また、ホームケアとして美白作用の高い化粧品を使うことで、赤みの改善が早まります。当院では、プラセンタエキスなどの美白作用が高配合されたコスメや、医療機関専用の高濃度ハイドロキノンクリームなどを扱っていますので、お気軽にご相談ください。

»取扱コスメ「ビオサプ」について詳しくはこちら